今から漫画をはじめたい!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

画材「多線トーン(;万線)」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「多線トーン(;万線)」の特徴と使い方

多線トーンは、規則的に並んだ線の集合体。線の太さや間隔を調整して、濃淡を表現します。

●多線トーン(;万線)の使い方、その特徴って?
多線トーンは、櫛の歯のように規則正しい並べて、その密度で濃淡を表現します。均等に線を描きたい場合、トーンゆがみを使えば、パースのかかった箇所にも均等に線を並べることができます。

多線トーン(;万線)の特徴>線の太さ間隔で濃淡を出すこと。


●多線トーン(;万線)以外のスクリーントーンの特徴、他の種類って?
・アミテン(;アミトーン)
・グラデトーン(;グラデーショントーン)
・ホワイトトーン
・背景トーン
・CGトーン
・効果トーン
・転写トーン
・カラートーン
・コピートーン

など、さまざまな特徴を持つ「スクリーントーン」があります。
スポンサーサイト

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manganoarukikata.blog.fc2.com/tb.php/31-849b9e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。