今から漫画をはじめたい!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

画材「柄トーン」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「柄トーン」の特徴と使い方

柄トーンは、小さなイラスト、模様を連続して印刷したフィルムです。

●柄トーンの使い方、その特徴って?
柄トーンは、各社が毎日のように新しい柄を開発していますが、流行り廃れが早いため、絶版になるスピードも速く、描き手としては利用に際して、無難な柄を選択する傾向にあるようです。

柄トーンの特徴>光(花柄、キラキラ色)を表す柄が多い、種類豊富。


●柄トーン以外のスクリーントーンの特徴、他の種類って?
・アミテン(;アミトーン)
・グラデトーン(;グラデーショントーン)
・ホワイトトーン
・背景トーン(;万線)
・多線トーン
・CGトーン
・効果トーン
・転写トーン
・カラートーン
・コピートーン

など、さまざまな特徴を持つ「スクリーントーン」があります。
スポンサーサイト

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manganoarukikata.blog.fc2.com/tb.php/29-12dbb0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。