今から漫画をはじめたい!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

画材「証券用インク;パイロット」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「証券用インク」の特徴と使い方

証券用インク(;パイロット)は、つけペンの耐水性インクです。線の太い方むけです。

証券用インク

●証券用インクの使い方、その特徴って?
証券用インク(;パイロット)は、漫画に使うには高価ですが、美しく仕上げることが可能です。けしゴムで薄くなるインクで有名です。元々線が太い方なら、問題ないかもしれません。

証券用インクの特徴>消しゴムで薄くなる、耐水性、細い線は不向き


●証券用インク以外のインクの特徴、他の種類って?
・開明墨汁(開明社)
・漫画インク(アートカラー社)
・漫画ブラック(クレタケ社)
・製図用インク(パイロット)
・ドローイングゾル
・コミックインク
・ドローイングインク

など、さまざまな特徴を持つ「インク」があります。
スポンサーサイト

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manganoarukikata.blog.fc2.com/tb.php/20-aa269243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。