今から漫画をはじめたい!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

画材「マスキングテープ」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「マスキングテープ」の特徴と使い方

マスキングテープは、紙やビニール等の素材が使われています。

●マスキングテープの使い方、その特徴って?
マスキングテープの使い方は、原稿をつなげたりする際に利用します。簡単にはがせるため、仮止めにも安心して使用できます。ベタ塗りの際、白紙の箇所を残したい時などにも利用できます。

マスキングテープの特徴>貼り付けた後、簡単にはがせる。

●マスキングテープ以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・トレーシングペーパー
・カッターナイフ
・定規
・ベタ塗り用の筆
・砂消しゴム、消しゴム
・えんぴつ、シャーペン

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。
スポンサーサイト

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「トレーシングペーパー」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「トレーシングペーパー」の特徴と使い方

トレーシングペーパーとは、半透明の写し紙のこと。種類が豊富なので、描く内容によって使い分ける必要があります。

●トレーシングペーパーの使い方、その特徴って?
トレーシングペーパーは、原稿の上にかぶせて、鉛筆でセリフを入れて使用します。被せてから上部のみ裏側に折り返して、その箇所をテープで留めます。メンディングテープなどで貼り付けると、はがせなくなるため、注意が必要です。描いた絵を移し替えるときにも利用できます。

トレーシングペーパーの特徴>描く絵によって、使い分ける必要があります。

●トレーシングペーパー以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・カッターナイフ
・定規
・ベタ塗り用の筆
・砂消しゴム、消しゴム
・えんぴつ、シャーペン

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「ベタ塗り用の筆」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「ベタ塗り用の筆」の特徴と使い方

ベタ塗り用の筆とは、面相筆、水彩絵の具用、習字用などの筆が使われます。

●ベタ塗り用の筆の使い方、その特徴って?
ベタ塗り用の筆は、原稿のコマに隙間なく塗りつぶす際に利用することが多いです。広範囲に塗りつぶすとなれば、ペンよりも筆の方が効率的に塗りつぶすことができます。

ベタ塗り用の筆の特徴>平、丸筆の両方があれば便利

●ベタ塗り用の筆以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・カッターナイフ
・定規
・トレーシングペーパー
・砂消しゴム、消しゴム
・えんぴつ、シャーペン

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「カッターナイフ」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「カッターナイフ」の特徴と使い方

カッターナイフは、トーンの切り出しに必用となります。

●カッターナイフの使い方、その特徴って?
カッターナイフの使い方として、トーンを削ったり貼り付ける際に利用します。トーンべらの変わり(カッターナイフを逆さにして利用)にも使用できます。一般の市販のカッターナイフよりも、細かい切り出しができる、デザインナイフが重宝します。

カッターナイフの使い方>細かい部分を切り出せるタイプと一般タイプの2種類を準備するのが望ましい。

●カッターナイフ以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・ベタ塗り用の筆
・定規
・トレーシングペーパー
・砂消しゴム、消しゴム
・えんぴつ、シャーペン

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「砂消しゴム・消しゴム」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「砂消しゴム・消しゴム」の特徴と使い方

砂消しゴムは、消しゴムに砂が混じっており、ボールペン等の字を消すために用いられます。

●砂消しゴム・消しゴムの使い方、その特徴って?
砂消しゴム・消しゴムの特徴として、砂消しゴムは、トーンを削るとき、ぼかしたい場合に使用します。消しゴムは、えんぴつの下書きを消したりする際に利用されます。

砂消しゴム・消しゴムの特徴>トーンぼかし、インクを紙ごと削る、研磨砂の入ったゴム

●砂消しゴム・消しゴム以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・ベタ塗り用の筆
・定規
・トレーシングペーパー
・カッターナイフ
・えんぴつ、シャーペン

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「えんぴつ・シャーペン」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「えんぴつ・シャーペン」の特徴と使い方

えんぴつ・シャーペンは、下書きの際に使用します。消しゴムで消せるが特徴です。

●えんぴつ・シャーペンの使い方、その特徴って?
えんぴつ・シャーペンの特徴は、消しゴムで消せるため、何度もやり直しがきくことです。濃いえんぴつは、消したときに汚れやすいため気を遣う必要がありそうです。また、青色のえんぴつは、印刷に表示されないため、消す必要はありません。

えんぴつ・シャーペンの特徴>HB、2Bが描きやすく、消し易い。

●えんぴつ・シャーペン以外の画材の特徴、他の種類って?
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・ベタ塗り用の筆
・定規
・トレーシングペーパー
・カッターナイフ
・砂消しゴム、消しゴム

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「定規」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「定規」の特徴と使い方

定規は、雲型定規や吹き出しに利用するテンプレート等、多岐にわたります。

●定規の使い方、その特徴って?
定規の使い方は、効果線(集中線、スピード線)を描く際に活躍します。定規で線を引き際は、裏返して使います。

定規の選定の目安>30cmの長さ、雲型定規、アクリル直定規が使い易い

●定規以外の画材の特徴、他の種類って?
・えんぴつ、シャーペン
・コマ割り用ペン
・マスキングテープ
・ベタ塗り用の筆
・トレーシングペーパー
・カッターナイフ
・砂消しゴム、消しゴム

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

画材「コマ割り用ペン」の特徴と使い方・コツ【マンガを描く手順】  

画材「コマ割り用ペン」の特徴と使い方

コマ割り用ペンの代表として、サインペンやカラス口等があげられます。

●コマ割り用ペンの使い方、その特徴って?
コマ割り用ペンとは、コマ割りの際に使用するペンのことです。製図用ペンは、線を引きやすいためお勧めです。また、コマ割りがうまくいかない原因として、漫画のストーリーの細部が固まっていないことがあるようです

コマ割り用ペンの選定の目安>0,8mm線前後、インクは耐水性、3種類(線の太さ)を使い分け


●コマ割り用ペン以外の画材の特徴、他の種類って?
・えんぴつ、シャーペン
・定規
・マスキングテープ
・ベタ塗り用の筆
・トレーシングペーパー
・カッターナイフ
・砂消しゴム、消しゴム

など、さまざまな特徴を持つ「画材」があります。

category: マンガの画材、使い方と特徴

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。